サポーターバッヂコンテスト 結果発表

2009年の神楽坂まち飛びフェスタ・サポーターバッヂコンテストには、全国各地から136点のぼる作品が寄せられ、7月に行われた審査会で、グランプリ以下18の賞が決定いたしました。ご応募くださった皆様、ありがとうございました。各賞に輝いた入選作品を公開させていただきます。賞品は、グランプリは実行委員会から、バラエティ賞はそれぞれの賞を提供して頂く店舗自慢の商品を各店舗から後日郵送致します。(各賞の後ろのボタンをクリックすると、賞品提供店舗のホームページ等へリンクしております)


グランプリ(賞品:草津温泉ご招待)
   

  講評 by U.G.サトー氏(審査委員長)

 当コンペも5回を数え、コンペの回を重ねる度、また最初の頃に比べて全体的に水準も上がっている。デザインとしてまとまっており、バッヂとして収まった際のデザインの強さを感じられる応募作品が多くなってきたことを実感した。入賞作品は日本的であり、今までのグランプリ受賞作品と比較して新しい印象である。色使いも明快で強さを感じられた。次回以降のコンペに際してのアドバイスになるが、どんなにいいアイデア、デザインでもあまり複雑だとバッヂとしては難しい。バッヂの直径が3センチ程度に収めた際に、デザインの効果が出るように考えて頂きたいと思う。

審査委員
  委員長 :U.G.サトー(グラフィックデザイナー)
  委 員:よしだみよこ(イラストレーター)
      日置圭子(まち飛びフェスタ実行委員長)

久我朋子さん(東京都)

ポスター貼付け用ダウンロードデータはこちら
(イラストレータai画像/150KB)

受賞者のコメント
「今回の受賞はとても驚きましたが、本当に嬉しいものでした。バッヂデザインは、元々壁に落書きされていた相合い傘をモチーフにしたものです。以前、神楽坂で見かけたお面達の愛らしさが伝わるようにと製作しました。私にとって神楽坂は、ちょっとした憧れの街です。渋さと鮮やかさを残す、人情溢れた粋な街。そんな神楽坂の大きなフェスティバルを、一緒に盛り上げていくことができることを嬉しく思います」

鮎藤賞 
五十鈴賞 
うす沢賞 
紀の善賞 
寺坂安里さん(東京都)
太田知良さん(東京都)
斉藤ゆきさん(東京都)
金城 草さん(神奈川県)

ギンレイ賞 
助六賞 
陶柿園賞 
梅花亭賞 
小守久美子さん(神奈川県)
大図温子さん(群馬県)
吉城敬和さん(岡山県)
若生 愛さん(東京都)

パレアナ賞 
毘沙門せんべい賞 
Pbees賞 
ペコちゃん焼賞 
宮川さやかさん(長野県)
中山凛香さん(東京都)
小出裕治さん(東京都)
堀江 豊さん(広島県)

神楽坂ぽちぶくろ組合賞 
丸岡陶苑賞 
山下漆器賞 
楽山賞 

小山智津理さん(埼玉県)
小川かなさん(東京都)
木村宗忠さん(千葉県)
大渕晴美さん(鳥取県)

アーツポット賞
神楽坂を虚転移する音楽ライター、写真家の渡部晋也提供によるCDアルバム2枚を贈呈
     
     
重清久美子さん(東京都)

サポーターバッジとは
まち飛びフェスタでは毎年、すてきなサポーターバッジを作成します。購入することによってフェスタを金銭面でサポートするとともに、バッジ着装者は神楽坂の商店等で期間中特典を受けられます。→詳しくはこらちをごらんください